ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  これだけは覚えておこう  > 引渡し時に注意する点は?

引渡し時に注意する点は?

住宅ローンが実行され、鍵を貰ったらこの物件は貴方の物です。皆さんはきっと、鍵を渡された時点で新居を見に行く事でしょう。その時、ウキウキしていてはいけません。売買契約時に交わした『物件状況等報告書』『設備表』を見ながら、家やマンションの現状を確認して下さい。殆どは、不動産会社立会いの下で行います。

引渡し時に注意する点また、実際は引渡し前に行うのが筋なのですが、我が家ではなかなか不動産会社との都合が合わず、実行日当日に行いました。もし、この時点で記載してある事項と異なる点があれば、不動産会社へ申し出てください。

例えば、契約書の中にはボイラー・キッチン等を交換すると記載があったにも関わらず、交換していない場合もあるそうです。この様な時には、ローン実行をストップする事になります。やってもらえる事をやっていないのですから、契約無効となります。早く引っ越しをしたいからといって妥協する事無く、キチンと確認するようにしましょう。

また、一番気になるのが鍵の件です。一般的な賃貸住宅では、引っ越し後に鍵のシリンダーや鍵自体を交換しますが、分譲住宅特に中古物件の場合にはそのままの場合もあります。もし、売買契約などに鍵交換の件も記載してあるのであれば、確認するようにしてください。契約時にその様な事を記載されていないのであれば、ある意味用心の為に引っ越し後できるだけ早めに、鍵の交換をした方が良いでしょう。