ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  これだけは覚えておこう  > 住宅ローン実行日に行う事は?

住宅ローン実行日に行う事は?

住宅ローンの仮審査・本審査が通り、住宅ローンが実行されると、住宅は貴方の物になります。長い間、待ちに待ったマイホームですので、最後の最後までキチンと行いたいものですよね?こちらでは、住宅ローン実行日に行われる流れについての注意点を幾つかお話させて頂きます。

住宅ローン実行日に行う事殆どの方は、住宅ローンを組んだ銀行の一室で残金の支払い等を行います。このときには、売主・買主・不動産会社・司法書士等の方々が集まり、一斉に書類の記載などを行います。当たり前ですが、このときには、大きな金額が流れます。その為、出来れば不動産会社の方へ『何処へ幾ら支払うのか』という明細を貰っておくと良いでしょう。

自分自身で確認する事も出来ますので、出来れば事前に明細書を貰った方が良いです。納得できれば、そのままでも良いのですが、詳しい内容を知りたい場合には、当日ではなく予め不動産会社へ連絡して説明を受けましょう。銀行では、振込み用紙でそれぞれの支払先口座へ振込みする形になるのが殆どです。ある意味、記名・押印の連続ですが、金額間違いをしないように十分注意してくださいね。

また、振込み先からは必ず領収書を貰うようにしましょう。後でのトラブル回避の為に必要となります。これら全ての処理が終われば、ようやく家やマンションの鍵を貰う事になります。このとき、鍵の本数も確認するようにしてくださいね。