ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  これだけは覚えておこう  > 住所変更する時の注意点

住所変更する時の注意点

通常、引っ越し後に住所変更を行います。しかし、住宅購入の場合は別です。住宅リーン本審査が通り、ローン契約をする間に住所変更しなければなりません。ただ、本来住所変更は引っ越しをしてから行う物です。

住所変更する時の注意点一般的に、住所変更は役所で『住所変更届け』を提出し、受理されたら住所変更が認められます。ただ、役所では住所が変更(引っ越し完了)してから行う事が原則となっています。住宅ローンを組む為に住所変更をするのは、本来役所としては出来ない事です。

その為、住所変更届けを役所へ提出際には、本当はまだ引っ越しをしていなくても、引っ越しを既にしているという事にしなければなりません。役所窓口でも、必ず『いつ引っ越ししましたか?』と聞かれると思います。その場合には、住所変更届けを出す前の日や2~3日くらい前の日にちを言う様にしましょう。

どのサイトを見ても、これら事項は記載されていません。ただ、我が家が購入した中古物件に関しては、この様な手続きを行いました。その為、新築や他物件についてはもしかすると違うかもしれませんが、もしこの様な自体になった場合には、この様に対処すると良いでしょう。

これはあくまでも、住宅ローンを契約するための事です。ただ単に、引っ越しをする場合には引っ越し後に行う様にしてください。