ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  長く付き合う住宅ローン  > 住宅ローン仮審査で通ったのに本審査で落ちる事ってあるの?

住宅ローン仮審査で通ったのに本審査で落ちる事ってあるの?

審査落ち仮審査も通り、本審査の結果待ちという方もいるでしょう。不動産会社曰く『仮審査に通れば、殆ど本審査にも通ります!』と言いますが、それは本当なのですしょうか?インターネットで検索してみると分かるのですが、意外と仮審査は通っても本審査に落ちてしまい、途方に暮れている方がいます。では、これは何故その様な状況が出てしまうのでしょうか?

まず、自分が仮審査から本審査の間に行った事柄を考えてみてください。例えば、この様な事をした方はいませんか?

1.勤務先が変わった。
2.仮審査後に、他ローンを組んでしまった。
3.仮審査時点で条件付融資可能と言われていたにも関わらず、対処していなかった。

それは、何故なのか色々と考えると、自ずと理由は分かるかとおもいます。1であれば、殆どの銀行では最低勤続年数が3年以上と決められています。その為、転職または退職してしまうと、その条件を満たしていないことになりますので融資不可能となります。

2であれば、これは仮の話ですが、仮審査に通って気が緩んでしまい、新居用の家具・家電をローンで買う方がいます。これは、仮審査時点には無かった買い物状況です。少しの買い物ならまだ大丈夫ですが、家具・家電となると何十万単位にもなります。その為、返済比率が変わってしまいますので、融資不可能となる場合もあります。

3であれば、元々条件付きで融資可能であると言われていたにも関わらず、対処していないと融資はされません。条件としてあげられるのが、カードローン・車のローンになります。これらを完済し、完済証明書の提出をしなければ融資不可能だとされているにも関わらず、対処していない場合には融資はされません。

この他にも考えられることはありますが、不動産会社の方がこの3つだけは気をつけてくださいと言っていた事ですので気をつけましょう。


本審査は1つのところに依頼しますが仮審査なら複数のところに依頼することができます。

落ちた時のために、押さえの金融機関があると気も楽ですよ。

実は今は仮審査の申込書を一括で請求できるズバット住宅ローンというサービスもあるので利用してみて下さいね。

住宅ローン仮審査申込書の一括請求はここでしか受けられません。