ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  長く付き合う住宅ローン  > 本審査での必要な書類とは?

本審査での必要な書類とは?

仮審査が通り、『売買契約』が終了すると、本格的に住宅ローンの本審査を受ける事になります。

必要な書類は、我が家では用意するものがありませんでした。

ただ、不動産会社で提携していない銀行だった場合にはある様です。

その銀行によって、必要な書類は異なりますので、不動産会社もしくは住宅ローンを借りる予定の銀行へ直接問い合わせると良いでしょう。

ただ一つ言える事として、必要を思われる書類は、不動産会社で作られる書類が殆どです。

その為、個人売買以外で住宅購入を考えているのであれば、不動産会社で用意してくれます。

銀行本審査の書類に記入及び押印ある意味、銀行(不動産会社)から貰う、銀行本審査の書類に記入及び押印するだけです。

内容も、仮審査に記載した内容と同じ内容のものを記載しますので、記載する時には仮審査控えなどを見ながらすると安心でしょうね。

また、仮審査時点でもし条件付融資可能という事だった場合には、その条件を満たしていなければなりません。

例えば、他ローンの完済が条件であれば、本審査前にはキチンと完済し、必ず『完済証明書』を貰うようにしましょう。

この完済証明書は、折角完済していても、データ上反映していないときがありますので、それらを回避するための書類です。

ローン会社では、この証明書を必ず出さなければならないという決まりは無いようです。

その為、こちらから『証明書を出して欲しい』という事を言いましょう。

完済してから、約1週間程度で自宅に届きます。

もし、完済していなければ、本審査で落ちてしまう場合もありますので、注意してくださいね。