ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  長く付き合う住宅ローン  > もし仮審査に落ちちゃったら・・・

もし仮審査に落ちちゃったら・・・

気に入った家をようやく手に入れようと思い、銀行への仮審査を申込みしたのに落ちちゃった・・・という事は多々あります。

でも、その理由を銀行では伝えてくれません。

仮審査に落ちたらその為、申込んだ方にとっては『何処が悪かったんだろう?』と悩んでしまいます。

そんな時は、どの様に対処したら良いのでしょうか?

こちらに、まとめてみましたので参考にしてみて下さい。

1.住宅ローンを完済するときの年齢

これは、ある意味申込む前に確認しておくべき事なのですが、殆どの銀行は完済する年齢を70~80歳に設定しているのです。

その為、申込みした時の年齢+住宅ローン支払い年数=完済する予定年齢が、設定年齢より越えている場合には、確実に審査は通りません。

2.高い返済負担率

返済負担率というのは、申込み人の年収に対する住宅ローン支払い金額の割合を言います。

その為、頭金が少なくて住宅ローン借入れ金額が多過ぎると、年間返済額が多くなってしまう状況では通りません。

3.他ローンの残債がある

マイカーローン等の残債がある場合には、それにつれて返済負担率も高くなってしまいますので、審査に通らない場合もあります。

また、一番問題があると言われている事がカードでのキャッシングローンです。

もし、支払いを滞っていた過去があれば、もしかすると住宅ローンも支払えないかも?という判断に繋がり、審査が通らない事もあります。

更に、消費者金融でのキャッシングがある場合には、銀行によっては最初から審査を通さないところもある様です。

4.勤続年数や勤務している状態

殆どの銀行では、勤続年数3年以上という条件になっています。

その為、勤続年数が足りない場合には、まず審査は通らないでしょう。

また、勤務状態が自営業だった場合には、審査が厳しくなっている様です。

これらの事項を色々と考えてみて、それでもまだ分からない場合には、個人信用情報機関へ問い合わせてみるのも良いでしょう。


もし仮審査に落ちてしまったら、ズバット住宅ローンの一括仮審査申込書の請求を利用してみて下さい。

住宅ローンの仮審査の申込書を一括で申し込める無料のサービスです。

一度に複数行に請求ができるから、とっても便利ですよ。