ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  長く付き合う住宅ローン  > 住宅ローンの仮審査での注意点は?

住宅ローンの仮審査での注意点は?

基本的に、住宅ローン本審査前には仮審査に通らなければなりません。

銀行によっては違う様なのですが、銀行だけの審査を行うところと、最初から保証会社で審査を行うところ、また双方で審査を行うところがあります。

我が家が住宅ローンを組もうとした銀行は、保証会社での審査の様でした。

住宅ローン仮審査での注意点殆どの審査で行われる内容は、返済金額に無理はないのかという事+会社の勤続年数+本人の信用事項とローン関係です。

信用事項については、その銀行での取引があるかどうか等も含まれ、公共料金やカード支払い等の引き落としに延滞した記録がないかという事です。

またローン関係では、車のローンやショッピングローン・カードローン等の状況を見ます。

こちらは、返済状況や使用状況、また残金なども見ます。

もし、カードローンの中で消費者金融からの借入れがある場合には要注意です。

消費者金融からの借入れがあると、『この人には支払い能力がない』とみなされるのです。

その為、もし住宅を購入しようと思っていて、消費者金融からの借入れ残金がある場合には、早めに返済する事をお勧めします。

但し、信用事項として返済してから約5~7年位は、信用事項に残ってしまう事を覚えておきましょう。

また、仮審査直前に貯金などでそれらローンを返済するという方法もあります。

ただ注意して欲しい事があります。

それは、完済した場合には、『完済証明書』をそれら企業に出して貰う事です。

何故なら、時折仮審査時に間に合わず、信用事項に完済されて事が載らないこともあるからです。