ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  長く付き合う住宅ローン  > 住宅ローンの仮審査って必要なの?

住宅ローンの仮審査って必要なの?

殆どの方は、『住宅ローンの仮審査って必要?』って思っていませんか?

実は、私もそう思っていました。

でも、色々と銀行で調べてみた結果、『これは必要だ!』と思った事が何点かありました。

コチラでは、それらについてお話させて頂きます。

住宅ローンの仮審査まず、基本的に銀行では『この人にお金を貸しても大丈夫か?』という事を、本審査前にはするのが当たり前だと言う事です。

では、何故本審査を直接しないのか?という事に辿りつくでしょう。

それは、審査する為に準備しなければならない必要書類にお金が掛かるという事と、審査日数がかかるという事です。

折角、必要書類をお金をかけて用意しても、本審査で駄目と言うことになれば、無駄金を払う事にも繋がります。

また、住宅ローンという事もあり、多額の金額を融資することになります。

その点から考えても、融資することが出来るのかという審査自体にとても時間が掛かるのです。

その為、仮に審査を行う事で、確実に融資が出来るのかを審査しておくと、お互い安心だという事にも繋がります。

銀行の方に聞いたのですが、『仮審査で駄目であっても、申込み人の個人信用情報機関には載らない』という事でした。

・・・という事は、本審査では『この人は住宅ローンの審査を受けました!』という内容が載るということになります。

個人信用情報機関に、何度も色々なローンの審査を受けているという事も載ってしまい、今後にローンが組みずらくなってしまいます。

その為、住宅ローンの仮審査は必要なのです。