ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  失敗しない売買契約  > 不動産売買契約で注意する点は?

不動産売買契約で注意する点は?

不動産売買契約で注意する点銀行仮審査も通り、重要事項説明が終わると、今度は不動産売買契約に進みます。コチラでは、不動産売買契約で注意した方が良い点をお話させて頂きます。

売買契約書には、売買代金や売買対象面積、引渡し時期等が記載されますので金額確認が勿論ですが、家やマンションの敷地面積等も、当初の話を違わないか確認しましょう。また、不動産会社との話合いで、ある程度の引渡し時期を決めているかと思います。それにより、引っ越し業者の手配などもあるかと思いますので、確認しておくと安心でしょうね。契約時に物件の状態を確認する書類として、『設備表』と『物件状況等報告書』があります。家やマンションに最初から付いている設備(キッチン、給湯器、エアコン、照明器具など)、中古の場合にはリフォーム(設備の取替え・クロス張替え等)の件についても記載されています。

口頭では、売主・買主の間でリフォームしてからの引渡しと言っていたにも関わらず、実際引き渡された時に当初の予定と異なる場合もあるそうです。その為、その様な内容については、キチンと記載されているかを確認し、内容も再度確認しておくと良いでしょう。

また、売買契約時の物件の状況(雨漏り・水漏れの有無など)を売主から教えてもらう事になっています。それらも書面にて確認する事が大切です。その後、売主に手付金を支払い、必ず領収書を頂く様にしましょう。ローンが実行された時には、物件価格から手付金を差し引いた金額を売主には支払いますので、その証明にもなります。

また、これは不動産会社(仲介)にもよりますが、仲介していただいた場合には仲介手数料の半額を支払う場合もあります。この件に関しては、家やマンションを買うと決める前に、どの様な流れになっているのか確認し、半額をこの時点で払うのか、もしくはローンが実行されてから全額支払えば良いのかの確認をしましょう。もし、この時点で仲介手数料の半額を支払わなければならない場合には、予め準備する必要があるからです。