ようこそ! 「失敗しないための引越し準備ガイド」へ
ポータルトップ >  ホーム  > 変更手続き


変更手続き

変更手続き

生命保険の住所変更

必ずと言っていい程、生命保険には皆さんが加入している事でしょう。 この生命保険についても、住所変更手続きをしなければなりません。 一般的には、本人がやはり連絡すると良いのですが、殆どの生命保険会社では家族である奥様であっても、住所変更する事が出来ます。 まず、手元に保険証券を準備して下さい。 そして、生命保険会社へ連絡するのですが、もし担当する外交の方がいるのであれば、その方へ直接電話連絡しても良...
>>続きを読む<<

銀行の住所変更

今では、たくさんの銀行が存在しています。1つの銀行で、家族分の口座を所有している方もいるでしょう。引越しすると、これらすべても住所変更しなければなりません。ではこちらで、それら手続きについて記載させて頂きます。 【本人名義だった場合】 窓口に行く方本人の名義だった場合は、とても簡単です。通帳・銀行登録の印鑑・本人確認書類を持参し窓口に行くと、専用用紙をもらえます。そこに、旧住所と新住所を記載し、提...
>>続きを読む<<

クレジットカード会社への連絡も忘れずに

皆さんの中で、銀行キャッシュカードの他に信販会社などのキャッシュカードもお持ちの方はいませんか?やはり、こちらのキャッシュカードについても、住所変更をしなければなりません。ただ、引越し後に行っても、全然構いませんのでゆっくり行っても大丈夫です。 一番注意しなければならない事としては、カード会社によっては本人からの申し出ではない場合には、住所変更を取り扱ってくれないという事です。我が家では、信販会社...
>>続きを読む<<

住所変更のついでに年金・健康保険も手続きしよう

引っ越しとすると住所変更をしますよね?住所変更と聞くだけで、何か面倒臭そうと思っていまいますが、必ず行うようにしましょう。また、住所変更を行った時に、一緒に行った方が便利な事があります。 それは、印鑑証明・小中学校手続き・子供手当て・子ども医療費受給者証の住所変更手続き・年金・保険関係等です。殆どの手続きは、基本的に元となる住所が変更されると、自動的に変更にはなります。これは、手続きに行く人にとっ...
>>続きを読む<<

住所変更をしよう!

引っ越しすると、当たり前ですが住所変更届けが必要となります。地方により、多少日数に誤差はある場合もありますが、基本的には引っ越しした当日~14日以内に届ける事になっています。届け出先は、お住まいになった区や街の戸籍住民課です。 必要とされる書類は、前の市町村からの転出証明書と、届出人のお名前を確認できるもの(免許証など)が必要となっています。もし、同区内だった場合には転出していませんので、転出証明...
>>続きを読む<<

郵便物転送依頼をすると安心!

移転先でも、やはり郵便物は届きます。しかし、ある程度住所変更をしていても、人間ですから住所変更をし忘れている場合もありますよね?その郵便物は、請求書関係だったら支払いを怠ってしまうと大変です。その為、郵便物を新住所へ転送してもらう様に手続きをしましょう! これは、郵便局窓口もしくはインターネットでも手続きが出来ます。この方法は、引っ越し前でも行えるのです。何故なら、転送依頼日を設定出来るからです。...
>>続きを読む<<

引越し前にインターネットも連絡しなきゃ!

皆さんは、引っ越しをする時に公共料金へ引っ越しの連絡をすると思います。インターネットもそれは同じです。インターネットは、有線・無線と種類があり、また色々とプランがありますよね?我が家では、有線の光回線だったのですが、意外と面倒な移転でした^^; まず、引っ越し前は配線を這わせて有線でインターネットを行っていたのですが、引っ越し先では無線へ変更しなければならない状況になりました。それは何故かというと...
>>続きを読む<<

ちょっと厄介な電話移転?

皆さんは、引っ越しをする時に公共料金へ引っ越しの連絡をすると思います。電話もそれは同じです。ただ、今は電話回線も種類がたくさんあります。通常のNTT電話もあれば、IP電話や光電話などで、連絡方法が異なるようです。 我が家では、一般電話と光電話の経験がありますので、それらについて少しお話をさせて頂きます。NTTの一般的な電話であれば、NTTに電話するだけである意味OKです。今では、殆どの家にモジュラ...
>>続きを読む<<