ようこそ! 「失敗しないための引越し準備ガイド」へ
ポータルトップ >  ホーム >  変更手続き  > 銀行の住所変更

銀行の住所変更

今では、たくさんの銀行が存在しています。1つの銀行で、家族分の口座を所有している方もいるでしょう。引越しすると、これらすべても住所変更しなければなりません。ではこちらで、それら手続きについて記載させて頂きます。

【本人名義だった場合】
窓口に行く方本人の名義だった場合は、とても簡単です。通帳・銀行登録の印鑑・本人確認書類を持参し窓口に行くと、専用用紙をもらえます。そこに、旧住所と新住所を記載し、提出するだけです。

【家族名義だった場合】
銀行にもよりますが、窓口に行く方ではない家族名義の口座を住所変更する場合には、通帳・銀行登録の印鑑・本人及び家族の確認出来る書類を持参し、窓口に行くと手続きが出来ます。本人の確認書類は、運転免許などでも良いのですが、家族の確認出来る書類となれば、なかなか思いつきませんよね?そんな場合には、家族宛にきた郵便物等でも大丈夫です。

銀行の住所変更一番分かり易いのが、健康保険証です。今ではカードタイプになっている保険証も多いですが、昔からの保険証であれば家族全員分が記載されているかと思います。それを提出すると良いのです。一番良いのは、やはり口座名義人本人が行く事が良いのですが、やはりご主人様や学生のお子さんの場合には、なかなか平日の銀行窓口が空いている時間単に出向くのは困難ですよね?

この様な感じで、住所変更を行うと良いでしょう。また銀行によっては、郵便で住所を変更出来るところもあります。殆どの銀行では、ATM横に置いてありますので、予めその様な書類を取り寄せておくのも良いでしょう。

料金が最大50%割引になるお得な一括見積もり

引越し 見積もり