ようこそ! 「失敗しないための引越し準備ガイド」へ
ポータルトップ >  ホーム >  引越しの準備  > 大型ゴミの処理方法

大型ゴミの処理方法

大型ゴミの処理方法引越しで一番気になる事と言えば、やはり大型ゴミの処理方法でしょう。

不要な服やカーテン類であれば、一般ゴミに捨てることも出来ますが、大きな家具や家電についてはそうもいきません。

しかも、引越し当日までどうしても使わなければならない場合が多く、処理方法には本当に苦労するものです。

一般的に、地域によって大型ゴミの収集日は決まっています。

ご存知の通り、電話でゴミとなる種類の品物名を伝え、シールの金額を教えてもらいます。

そして、受付番号を記載して、地域の指定されている曜日に大型ゴミを出すという流れです。

でも、引越し当日までどうしても、使う物も勿論あります。

我が家は、引越し翌日が大型ごみの収集日だったため、管理人さんにお願いして空き地にシールを貼って置かせてもらったので大丈夫でした。

しかし、その地域によっては、引越しする翌週まで、収集日じゃない場合もありますよね?

そんな時には、一度管理人さん(大家さん)に置いていっても良いのかをまず、聞いてみましょう。

そこで、置いていっても良いとなれば、置かせて貰うのが一番良いのですが、駄目だった場合には引越し先に持っていくか、引越し業者に引き取ってもらうしかありません。

ただ、引越し業者でも不要となれば、逆に地域の大型ゴミに出すほうが安く済みます。

そんな場合には、やはり引越し先に荷物として持っていき、大型ゴミ収集日に出すのが一番良いでしょうね。

要するに、引越し前の場所そして引越し後の場所にも、迷惑をかけないことが一番重要です。

引越し前のところにも、何も言わずに置いていくことは、避けるようにしましょうね。

料金が最大50%割引になるお得な一括見積もり

引越し 見積もり