ようこそ! 「家探しのコツを教えます。」へ
ポータルトップ >  初めての家探し  > 内覧する時の注意点って??

内覧する時の注意点って??

内覧するなら、こんなポイントをチェックしよう良い物件が見つかったら、まずは物件の内覧をしましょう!

これは、不動産会社にお願いすると見る事が出来ます。

では、どの様な点に気をつけて、物件を見ると良いのでしょうか?

コチラでは、我が家が主に注意して見た内覧注意点を紹介させて頂きます。

1.物件の場所及び周辺

我が家では、旧自宅より徒歩で5分程度のところに見つけたため、物件の外観や周辺情報には全然気にしませんでした。

でも、もし旧自宅近くでないのであれば、外観や周辺については詳しく調べた方が良いようです。

例えば、あまりにも築年数が経っていて、外装工事や大規模修繕工事がある場合もあります。

引っ越し後に、費用が掛かる場合もあるのです。

また、周辺情報については交通機関や買い物場所、治安なども必要になるでしょう。

2.間取り

たまに、情報と異なる間取りの場合もあります。

これは、前住人がリフォームしている場合等です。

その際には、現状渡しなのかを、不動産担当者に聞いてみるとよいでしょう。

3.設備

アパート・一戸建て・マンション等、色々と違いはありますが、暖房やボイラー、トイレ等はキチンと見たほうが良いでしょう。

我が家では、暖房器具が付いていたので、引っ越ししてから購入することはありませんでしたが、暖房器具が無い場合にはやはり出費もかかります。

またボイラーですが、売主の方で買い替えをしている場合もあります。

しかし、壊れていないからという理由から、買い替えをしていない場合もあります。

その場合には、壊れていないかなどのチェックも必要となるでしょう。

トイレについては、今ではウォシュレットが主流になっています。

しかし、そうでない場合もあるのです。

必要であれば、チェックすると良いでしょう。

4.水廻り

一番重要だと言われてます。

なぜなら、特にアパートやマンションで、過去に一度でも水漏れをしたことがある住居であれば、再びする恐れもあるからです。

その為、内覧時には不動産担当者の承諾を得て、水を流してみる事をお勧めします。

5.内装

賃貸の場合には、殆どの貸主の方で内装をしてから、次の借主へ貸すという形になっています。

しかし、物件購入の場合は別です。

現在、不況の中で住宅ローンの支払いが出来ず、やむ終えなく住宅を手放す方が多くいます。

その為、なかなかリフォームしてからの引渡しという事がありません。

購入を希望しているのであれば、リフォームにとれくらいの費用が掛かるのかなど、不動産担当者に聞いてみるとよいでしょう。

また、リフォーム済みで売りに出ている物件も時々あります。

内覧後にリフォームする場合には、どの程度リフォームしてくれるのかも見ておくと良いでしょう。